外国為替証拠金取引で使えるテクニカ

外国為替証拠金取引で使えるテクニカル指標として一般的なのがボリンジャーバンドと呼ばれている指標です。

視覚的にトレンドの大きさとトレンドの方向が理解しやすく、トレンドが生じたらエクスパンション(バンド拡大)が現れるので、トレンドフォローの取引に適しています。
さらに、バンドの収縮はトレンド終了の合図として役立てることができます。FX取引をやっていると、ついつい欲を出してしまって、高いレバレッジをかけての取引をしてしまいがちです。
そうなると、一番悪いケースでは証拠金が不足となり、二度と相場に戻ることができなくなってしまいます。

そんな状態にならないためにも、FXに慣れるまでの期間は、2〜3倍くらいのローリスクで取引を行っておいた方が無難です。

FX投資で得た収入には納税義務があるのでしょうか?FX投資による利益は税法上、「雑所得」ということになります。一年間の雑所得の合計が20万円以下ならば、課税対象となりません。

しかしながら、雑所得の合計が20万円を超える場合には、確定申告をしなければいけなくなります。

税金を納めないと脱税になってしまうので、忘れないようにし

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ