異業種に職業を転じるのは大変なイメ

異業種に職業を転じるのは大変なイメージが強いですが、本当のところはどうなのでしょうか?結論としていうと異業種への転職は大変です。

経験者と未経験者の2人が存在した場合、採用担当者は経験者を選択する可能性が高いです。

ただ、何があろうと無理だというわけではないので、努力によっては転職がかなうこともあるでしょう。どうしたら後悔のない就職ができるでしょう。

それはやはり転職する先を探しながら仕事を続け、決まった後に退職すること。これに尽きます。

転職先を探すより先に辞めてしまったら、仕事が見つからなかった場合次第に焦りが出てきます。加えて、経済的に困ることも考えられます。

ですから、次の就職先を見つけてから退職することをおすすめします。もう一つ言えることは、一人で転職先を見つけようとせず、おすすめは、誰かに力を借りることです。転職の理由として良いものは、まず、転職を思い立った実際の理由を自問自答してください。ダイレクトに伝えるという訳でもないので、正直に自分の考えをノートに書いてみます。
その次にはネガティブな印象にならないように、それについて表現の仕方を変えてみましょう。

その理由が長い転職だと言い訳をしているように聞こえてしまうので、長さには注意してください。

異業種への転職を図ってみても、転職先がなかなかみつからないことがあるでしょう。転職をしたい人がまだ未来ある若者であるならば経験がなくても受け入れてもらえるような場合もあります。
しかし、既に30代後半であるという方は諦めた方がいいかもしれません。

まあ、人手をいつも欲しているような業種に目星をつけているのであれば労働条件という概念は放棄することになりますが転職というハードルを乗り越える日が近付くことでしょう。

転職理由はどういったものが望ましいかというと、まずは転職しようと思った本当の動機をよく考察して思いおこしてください。そのままを伝える必要はないので、思ったことをそのままノートに記述しましょう。

そして、それを後ろ向きなイメージにならないように表現を変えてみてください。

転職理由が長いと言い訳がましく聞こえるので、なるべく簡潔になるようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ